2015.12.07

C大阪退団からわずか5カ月、フォルランが母国で前期リーグ優勝

MONTEVIDEO, URUGUAY - DECEMBER 06: Diego Forlan of Peñarol celebrates with his teammates after winning a final match between Penarol and Juventud as part of Torneo Apertura 2015 at Centenario Stadium on December 06, 2015 in Montevideo, Uruguay. (Photo by Sandro Pereyra/LatinContent/Getty Images)
ウルグアイ1部前期リーグを優勝したペニャロール(フォルランは中央) [写真]=LatinContent/Getty Images
南米サッカーの今を日本語でお届けする南米サッカー情報サイト

 6日に行われたウルグアイ1部リーグの前期リーグ最終節。7月までセレッソ大阪に在籍していた元ウルグアイ代表FWディエゴ・フォルランが所属するペニャロールはフベントゥーに1-0で勝利し、自力での前期リーグ優勝を決めた。

 試合は序盤フベントゥーが攻め込んでチャンスを演出したが、ペニャロールは11分を過ぎたあたりから反撃に転じた。すると25分に自陣からのフィードに前線で反応したクリスティアン・パラシオスが、バウンドしたボールを右足でゴールへ流し込んで、ペニャロールが先制に成功する。

 ペニャロールは30分にフォルランがペナルティエリア内で左足を振り抜いたが、シュートは枠を捕らえられず追加点は奪えない。後半もペニャロールは積極的な試合運びを展開し、5分におよんだ後半のアディショナルタイムを経て試合はこのまま終了。ペニャロールは勝ち点を31まで積み上げ、宿敵ナシオナル・モンテビデオを勝ち点1差で上回り、前期リーグ優勝を達成した。

 現在36歳のフォルランは7月にC大阪からペニャロールに移籍。今シーズンはウルグアイ1部の前期リーグ全15試合に出場し、4得点を記録した。

(記事/Cartao Amarelo)

欧州順位ランキング

レスター
81pt
アーセナル
71pt
トットナム
70pt
欧州順位をもっと見る
Bミュンヘン
88pt
ドルトムント
78pt
レーバークーゼン
60pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
91pt
Rマドリード
90pt
Aマドリード
88pt
欧州順位をもっと見る
ユベントス
91pt
ナポリ
82pt
ローマ
80pt
欧州順位をもっと見る