EURO2016特集|UEFA欧州選手権
2015.12.03

無所属GK川島がダブルの報告…ダンディー・U加入秒読みと長男誕生

川島永嗣
ダンディー・Uへの加入が秒読みとなった川島永嗣 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 スタンダール・リエージュ退団以降、無所属の状態が続いていた日本代表GK川島永嗣のスコットランド・プレミアリーグ参戦が秒読み段階に入った。川島は3日に自身の公式ブログ(http://globalathlete.jp/eiji-kawashima/61)を更新し、現状報告を行った。

 川島は11月初旬からスコットランドのダンディー・Uへの入団を報じられていたが、イギリスの労働許可証の問題により、なかなか正式発表がされない状態が続いていた。この日は「Dundee United」とのタイトルでブログを更新し、「報道でもある通り、11月の頭に、スコットランドのダンディー・Uとすべての面で合意していましたが、英国労働ビザの件でかなり時間がかかり、なかなか皆さんにすっきりした報告ができずにいました」とまずは事情を説明。「今ようやくビザの件も見通しがつき、本契約に向けての運びになっていくと思います」と正式加入が近づいていることを明かした。

 長らく所属クラブがない状態が続き、日本代表メンバーからも漏れていた川島。その間には相当な苦労があったようで「ここまでの道のりは長く、決して平坦ではなく、そこにどんな意味を見出せるのか自分でも分からなくなる時期もありました」とここまでの心境を語った。

 一方で、この間に大きな気づきもあったようで、「もし意味すらないのであれば、それを意味あるものにできるのも自分自身でしかなく、自分の中だけでなく、周りの存在にも気づくことができたなら、それがさらに大きな意味を持つのではないかと思います」と今後につながるように尽力すると話した。

 周囲から受けたサポートについては「皆さんの支え、そして周りの人達の支えなしにこの時期を乗り越えることはできなかったと思います。感謝という二文字に込める自分の想いは計り知れないものです」とコメント。

 また、もう一つの重要な報告として12月3日に待望の長男が誕生したことを発表。「遠くスコットランドにいて立ち会うことはできませんでしたが、ビザの見通しがついた今、監督とも相談して、家族に会うために一時日本に帰国しようと思います」と近日中に帰国する予定だという。

 日本に残している妻にも「夏に日本を出てから4カ月以上自分を支え続けてくれ、出産も乗り越えてくれた妻に心から感謝したいと思います」と感謝の言葉を口にした。

 最後に新たな挑戦に向けて「これから心新たに、より大きな責任感とさらなる大志を持って、守るべきもののためにさらに前へ突き進んでいきたいと思います」と意気込みを述べている。

Pickup

欧州順位ランキング

レスター
81pt
アーセナル
71pt
トットナム
70pt
欧州順位をもっと見る
Bミュンヘン
88pt
ドルトムント
78pt
レーバークーゼン
60pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
91pt
Rマドリード
90pt
Aマドリード
88pt
欧州順位をもっと見る
ユベントス
91pt
ナポリ
82pt
ローマ
80pt
欧州順位をもっと見る