2015.11.09

C大阪・扇原の得点が選出…プスカシュ賞から“漏れた”スーパーゴール

扇原貴宏
C大阪でプレーする扇原(写真は7月8日の横浜FC戦) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 このほど、2015年度の『FIFAプスカシュ賞(年間最優秀ゴール)』の候補10ゴールが発表になった。

 どれも文句なしに凄いゴールだが、これ以外にも多くの素晴らしい得点がこの1年間に生まれている。

 ブラジルの『globo esporte』では、プスカシュ賞候補から“漏れた”世界各国のスーパーゴールを取り上げていた。

 そのなかに、日本のJリーグで生まれたゴールを発見。

 それは、今年3月15日に行われたJ2リーグ第2節、セレッソ大阪対大宮アルディージャ戦で扇原貴宏が決めた超ロングシュート。

 GK加藤順大がゴールマウスを飛び出して処理したボールを拾った扇原。35メートル以上はあろうかという距離から、驚愕のシュートを叩き込んでみせた。角度的にも難しかったはずで、間違いなくスーパーな一撃であった。

 なお、『globo esporte』ではTamadaとして紹介されているが、このゴールを決めたのは扇原。C大阪FW玉田圭司もこの試合で2ゴールを決めており、同サイト上で貼られている動画自体がTamadaとして誤って紹介されているので仕方ないことではあるが…。

 C大阪はこの試合に3-1で勝利しており、扇原のゴールは93分に生まれたダメ押し点であった。本人は「ベンチから『蹴れ!』って聞こえたんですよ。良いところにボールを置けたので、後は思い切り蹴るだけでした」と語ったと、クラブ公式HPが伝えていた。

(記事提供:Qoly)

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
56pt
川崎F
52pt
FC東京
43pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
64pt
町田
61pt
大分
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
47pt
沼津
43pt
鹿児島
43pt
Jリーグ順位をもっと見る