2015.06.26

J1、2季連続得点王の元名古屋FWケネディが現役引退を発表

ケネディ
名古屋退団セレモニー時、闘莉王と肩を組むケネディ [写真]=Getty Images

 オーストラリア・Aリーグのメルボルン・シティは26日、オーストラリア代表FWジョシュア・ケネディの現役引退を発表した。

 現在32歳のケネディはドイツで長らくプレーし、2009年6月に名古屋グランパスへ移籍。2014年まで6年間在籍し、2010シーズン(17得点)と2011シーズン(19得点)にJ1得点王となっている。2010年にはクラブ初のリーグ優勝に貢献した。オーストラリア代表としても2006年と2010年のワールドカップに出場している。

 ケネディは、「Aリーグに戻ってきてプレーするチャンスをくれ、6カ月間サポートしてくれたメルボルン・シティにお礼を言いたい」と感謝の気持ちを表すとともに、引退の理由にフィジカル面を挙げ、「家族や友人とも相談した上で、プレーすることから離れることを決めた」と、決断に至った経緯を説明している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
51pt
バイエルン
48pt
ボルシアMG
43pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
47pt
レアル・マドリード
45pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
53pt
インテル
46pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る