FOLLOW US

カバーニ退場の原因は性的嫌がらせ…仕掛けたチリ代表DFハラは前科あり

ハラ(背番号18)に詰め寄るカバーニ [写真]=LatinContent/Getty Images

 24日に首都サンティアゴで行われたコパ・アメリカの準決勝、チリvsウルグアイで、ウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニに2枚目のイエローカードが出された。カバーニがチリ代表DFゴンサロ・ハラの左頬を叩いたことが警告の理由とされたが、実はその直前にハラによる嫌がらせがあったことがウルグアイやアルゼンチンなどで報じられた。

 ハラの嫌がらせは、時計の針が62分を過ぎた後に起こった。アレクシス・サンチェスが倒されてチリにフリーキックが与えられた際に、ボールの近くでハラとカバーニが口論になった。この口論は主審が仲裁に入ってハラとカバーニは一旦離れたが、その直後カバーニに接近したハラはカバーニに近づくと、体を密着させて何かをささやきながら右手でカバーニの肛門に指を食い込ませた。次の瞬間、カバーニはとっさに右手でハラの左頬を軽く叩き、ハラは顔を叩かれたことをアピールするかのように腰を落とした。おそらくハラがカバーニの局部をまさぐったことを知らない主審の目には、カバーニが加害者でハラは被害者と映ったと推測される。

 2枚目のイエローカードを提示されたカバーニは、ハラに嫌がらせを受けたことを主審に主張したが、聞く耳を持たずカバーニにレッドカードを突きつけた。主審に対して二言三言発したカバーニは、嫌がらせに及んだハラに歩み寄って激しく抗議。チームメートの制止があってもカバーニの怒りは収まらず、主審に強い口調で抗議したあと再びハラのほうへと歩いて罵声を浴びせたのであった。

 ウルグアイのスポーツ放送局「Tenfield」は「ブラジル人主審がウルグアイ代表を敗退に追い込んだ」と主審のジャッジを批評した上で、カバーニが嫌がらせを受けた瞬間の写真を掲載した。

 アルゼンチンのスポーツ紙「Ole!」は「カバーニが挑発に乗ってしまった」と表現したほか、ハラの行動を「醜い」と批判したオスカル・タバレス監督のコメントを掲載した。

 ブラジルのスポーツサイト「Globo Esporte」はカバーニがハラの顔を叩いた理由について「ハラによる挑発的な愚かな手だったのかもしれない」と掲載した。

 ハラには試合中、同様の行為に及んだ“前科”がある。2年前の2013年に行われた同じ対戦カードでハラは、ウルグアイ代表FWルイス・スアレスの股間を前から触ったことがあった。退場に処せられたカバーニと主審のミスジャッジが遠因で敗退したウルグアイ代表の悔しさはいかばかりか。

(記事/Cartao Amarelo)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA