2015.06.02

デミチェリスが南米選手権後の代表引退を発表「何が起ころうとも」

デミチェリス
代表引退を発表したデミチェリス [写真]=Getty Images

 1日、マンチェスター・Cに所属するアルゼンチン代表DFマルティン・デミチェリスが、コパ・アメリカ2015を最後に代表を引退することを発表した。

 現在34歳のデミチェリスは、2011年11月の招集を最後にしばらく代表から遠ざかっていたものの、2014年に行われたブラジル・ワールドカップヘ向けたメンバーに“サプライズ選出”をされた。同大会でも開幕当初はベンチから試合を見守っていたものの、準々決勝のベルギー代表戦でスタメンの座を射止め、そこから先は決勝を含めた3試合全てにフル出場。チームの準優勝に貢献していた。

 アルゼンチンのラジオ局『Radio Rivadavia』の番組に出演した同選手は、「コパ・アメリカで何が起ころうとも、大会後にはアルゼンチン代表から引退する」と、明かしている。

 6月12日からチリで開催されるコパ・アメリカで、アルゼンチン代表は6月13日にパラグアイ代表、同16日にウルグアイ代表、同20日にジャマイカ代表と、グループステージ突破をかけて対戦する。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
51pt
バイエルン
48pt
ボルシアMG
43pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
47pt
レアル・マドリード
45pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
53pt
インテル
46pt
欧州順位をもっと見る