2014.06.13

W杯開催国ブラジルがネイマール2発&オスカル弾で逆転白星発進

ネイマール
逆転ゴールとなるPKを決め、両手を広げて喜ぶネイマール(右) [写真]=Getty Images

 ブラジル・ワールドカップのグループリーグ第1節が12日に行われ、グループAではブラジル代表とクロアチア代表が対戦した。

 第20回目のワールドカップとなる節目の大会。通算6度目の優勝を狙う開催国ブラジルは、エースのネイマールやフッキらがスタメン。得点源のマリオ・マンジュキッチを出場停止で欠くクロアチアは、ルカ・モドリッチやイヴァン・ラキティッチらが先発に名を連ねた。

 日本人初となるワールドカップ開幕戦キックオフの笛を西村雄一主審が吹き、試合はスタート。今大会のファーストシュートは開始1分、マテオ・コヴァチッチのミドルシュートとなったが、枠の左に外れた。ブラジルの最初のシュートは6分に左サイドのFKからファーサイドのチアゴ・シウヴァが頭で折り返し、ダヴィド・ルイスがヘディングシュートを放ったが、力なくGKスティペ・プレティコサの手に収まった。直後にはクロアチアが右サイドのイヴァン・ペリシッチのクロスから、イビツァ・オリッチが頭で合わせたが、ゴール左にわずかに外れた。

 序盤からゴール前での展開が多くなる中、迎えた11分、オリッチが左サイドを持ち上がると、グラウンダーのクロスにニキツァ・イェラヴィッチが合わせる。シュートはボールにミートしなかったが、流れたボールがマルセロの足に当たって、ゴールに入り、オウンゴールでクロアチアが先制する。

 先制点を奪われたブラジルは21分、ペナルティエリア内右でパウリーニョがシュートを放ったが、GKプレティコサの正面。直後にもネイマールがエリア内右の深い位置までえぐるとマイナスのクロス。これには誰も合わせられず、クリアボールをオスカルがミドルシュートで狙ったが、GKプレティコサが弾いた。

 ホームの大歓声に後押しを受けるブラジルは29分、オスカルが中盤でボールを奪うと、ネイマールがドリブルで持ち上がり、そのまま左足のミドルシュート。ゴール正面から放たれたグラウンダーのシュートがゴール右へ吸い込まれ、同点に追いつく。その後、序盤の気負いも薄くなり、ブラジルが攻勢をかけるが前半は1-1で終えた。

 後半も流れは変わらず、ブラジルがボールを保持し、クロアチアはモドリッチ、ラキティッチらがボールを奪ってから速い攻めを展開する形で進む。ベンチで先に動いたのは、クロアチアのニコ・コヴァチ監督。61分にコヴァチッチを下げ、マルセロ・ブロゾヴィッチを入れる。ブラジルも直後にパウリーニョと交代でエルナネスをピッチへ送り出した。

 68分にブラジルは、相手の不用意なパス交換を奪ったネイマールのドリブル突破から、ファールでFKを獲得。正面やや遠い位置からダニエウ・アウヴェスが直接狙ったが、枠を捉えられなかった。ブラジルはフッキに代えてベルナルジを投入する。

 ブラジルは71分、右サイドからのオスカルのパスをペナルティエリア内で、デヤン・ロヴレンを背負ってボールを受けたフレッジが倒れ、西村主審はPKの判定。ネイマールが強烈なシュートを打つと、GKプレティコサに手で弾かれながらも、ボールはゴールインし、ブラジルが逆転する。

 勢いに乗ったブラジルは77分にオスカルの右クロスにダヴィド・ルイスが飛び込むも、ヘディングはわずかに合わず。83分にクロアチアは、左サイドからのクロスをオリッチがGKジュリオ・セーザルと競り合い、ボールがこぼれ、最後押し込んでネットを揺らしたが、オリッチのファールによりノーゴール。

 86分にはモドリッチのミドルシュートがGKセーザルを襲うなど、クロアチアは終盤反撃を見せたが、得点には至らず。逆にブラジルはオスカルがカウンターからピッチ中央を持ち上がり、右足つま先でのミドルシュートでゴール左のネットを揺らし、試合を決定づける3点目。そのまま試合は終了し、ブラジルが3-1で勝利した。

 グループA第2節でブラジルはメキシコと、クロアチアはカメルーンと対戦する。

【スコア】
ブラジル 3-1 クロアチア

【得点者】
0-1 11分 マルセロ(オウンゴール、ブラジル)
1-1 29分 ネイマール(ブラジル)
2-1 71分 ネイマール(PK)(ブラジル)
3-1 90+1分 オスカル(ブラジル)

欧州順位ランキング

レスター
81pt
アーセナル
71pt
トットナム
70pt
欧州順位をもっと見る
Bミュンヘン
88pt
ドルトムント
78pt
レーバークーゼン
60pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
91pt
Rマドリード
90pt
Aマドリード
88pt
欧州順位をもっと見る
ユベントス
91pt
ナポリ
82pt
ローマ
80pt
欧州順位をもっと見る