2015.05.31

2018年、22年W杯の各大陸出場枠が決定…アジアは「4.5」を維持

ドイツ
ブラジルW杯を制したドイツ代表[写真]=Getty Images

 FIFA(国際サッカー連盟)は30日、スイス・チューリッヒで臨時理事会を行い、2018 FIFAワールドカップ・ロシア大会と2022 FIFAワールドカップ・カタール大会の各大陸の出場枠について、2014年に行われたブラジル・ワールドカップと同様にすることを発表した。同連盟公式HPが伝えている。

 今回の発表により、次の2大会でも4カ国の出場権と1カ国の大陸間プレーオフが維持されることが決定した。昨年のブラジルW杯では、「4.5」のアジア枠から日本、イラン、オーストラリア、韓国が同大会に出場。しかし、アジア勢は1勝もすることが出来ず、出場枠の減少が危惧されていた。

 なお、その他の大陸も変更はなく、アフリカが「5」、ヨーロッパが「13」、北中米カリブ海が「3.5」、オセアニアが「0.5」枠、南米が「4.5」、ホスト国が「1」となっている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
51pt
バイエルン
48pt
ボルシアMG
43pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
47pt
レアル・マドリード
45pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
53pt
インテル
46pt
欧州順位をもっと見る