2014.07.09

T・シウヴァに代わり主将務めたD・ルイスは落涙「皆さんに謝りたい」

ダヴィド・ルイス
試合後、涙を流すダヴィド・ルイス(手前、奥はチアゴ・シウヴァ) [写真]=FIFA via Getty Images

 ブラジル・ワールドカップの準決勝が8日に行われ、ブラジル代表とドイツ代表が対戦。前半から効率よく得点を重ねたドイツが、最終的に7点もの大量得点を挙げ、ブラジルの反撃を試合終了間際の1点に抑え、7-1の記録的な大勝を収めた。

 同試合ではブラジル代表の主将DFチアゴ・シウヴァが出場停止だったため、副主将のダヴィド・ルイスがキャプテンマークを巻いて出場したが、試合は同国のワールドカップ史上最多失点記録を更新する結果となってしまった。試合後のインタビューに応えたD・ルイスの言葉をブラジルメディア『グローボ・エスポルチ』が伝えた。

 涙ながらにインタビューに応えたD・ルイスは、「いろいろなことに苦しんでいる人々に喜びを与えたかった。けど、残念ながらそれはできなかった。ブラジルの皆さんに謝りたい。皆さんの笑顔が見たかった。フットボールがどれほどブラジルの人々の幸せになるかは誰もが知っています」と謝罪の言葉を口にした。

 また、「彼らは僕たちよりも上だった。いい準備、いい試合をしていた。6分間で4失点だ。大きな悲しみの日となってしまった。けど、人生においてここから多くを学ばなければ」と思いを絞り出している。

欧州順位ランキング

チェルシー
34pt
アーセナル
31pt
リヴァプール
30pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
33pt
バイエルン
30pt
ヘルタ・ベルリン
27pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
34pt
バルセロナ
28pt
セビージャ
27pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
36pt
ローマ
32pt
ミラン
32pt
欧州順位をもっと見る