2014.07.09

開催国ブラジルの惨劇…同国W杯史上最多7失点でドイツに敗れ終焉

ダヴィド・ルイス
大量失点に肩を落とすダヴィド・ルイス [写真]=Getty Images

 ブラジル・ワールドカップ準決勝が8日に行われ、ブラジル代表とドイツ代表が対戦した。

 3大会ぶりのベスト4となった開催国のブラジルは準々決勝のコロンビア戦から3選手が変更。出場停止だったルイス・グスタヴォがパウリーニョに代わって復帰。出場停止のチアゴ・シウヴァの代役はダンテ、負傷のネイマールの代役にベルナルジがそれぞれはいった。一方、4大会連続ベスト4進出のドイツは準々決勝フランス戦からスタメンの変更は無し。バスティアン・シュヴァインシュタイガーやミロスラフ・クローゼらが先発に名を連ねた。

 試合のファーストシュートはホームの大歓声の後押しを受けるブラジル。3分にマルセロがミドルシュートを放ったが、ゴール右に外れた。迎えた11分、徐々に押し込み始めていたドイツは右CKを得ると、トニ・クロースが送ったボールにファーサイドでトーマス・ミュラーが右足で合わせて、ドイツが先制に成功する。

 さらに23分、ドイツは右サイドからのグラウンダーのパスを中央で受けたがクロースがペナルティエリア内のミュラーへ渡すと、落としをクローゼがシュート。一旦はGKジュリオ・セーザルが弾いたが、こぼれ球を自身で押し込んだ。クローゼはワールドカップ通算得点記録を更新する16得点目となった。

 さらに1分後にドイツは、右サイドでメスト・エジルのパスを受けたフィリップ・ラームが低いクロスを送ると、ファーサイドのクロースが左足を振り抜いてネットを揺らし、3点目を獲得。26分にはクロースがゴール正面でサミ・ケディラとのパス交換からネットを揺らした。

 攻撃の手を緩めないドイツは29分にもケディラがエジルとのワンツーからシュートを決めて、大量5点目を獲得。ブラジルは攻撃の形を作れないまま失点を重ね、前半を終える。

 大量点を奪われたブラジルはハーフタイムに2選手を変更。フェルナンジーニョとフッキに代えてパウリーニョとラミレスが入る。ドイツもマッツ・フンメルスとペア・メルテザッカーを交代して後半を迎える。

 後半立ち上がりから押し込むブラジルは53分、ペナルティエリア内左でパウリーニョがシュートを放つ場面があったが、GKマヌエル・ノイアーが立て続けにセーブ。58分にドイツはクローゼを下げ、アンドレ・シュールレが入る。直後にはミュラーのシュートが枠の左上を捉えたがGKセーザルが好セーブを見せた。

 前掛かりのブラジルに対しドイツは69分、ペナルティエリア内右の深い位置からラームのクロスを交代出場のシュールレが決め、6点目を得る。直後にブラジルはボールを持つと観客からブーイングを受けていたフレッジを下げてウィリアンが入った。

 ドイツは79分にもロングボールからの落としを受けたシュールレがペナルティエリア内左から鮮やかにネットを揺らす。ブラジルはようやく90分に自陣からのロングボールを受けたオスカルがネットを揺らしたが、反撃はこの1点のみ。ドイツが7-1で圧勝した。

 ドイツは準優勝した2002年大会以来、3大会ぶりの決勝進出。7失点のブラジルはワールドカップ過去最多失点を喫した1938年大会のポーランド戦での5失点(同試合は延長の末、6-5でブラジル勝利)を更新するW杯史上同国最多失点をなってしまった。

【スコア】
ブラジル 1-7 ドイツ

【得点者】
0-1 11分 トーマス・ミュラー(ドイツ)
0-2 23分 ミロスラフ・クローゼ(ドイツ)
0-3 24分 トニ・クロース(ドイツ)
0-4 26分 トニ・クロース(ドイツ)
0-5 29分 サミ・ケディラ(ドイツ)
0-6 69分 アンドレ・シュールレ(ドイツ)
0-7 79分 アンドレ・シュールレ(ドイツ)
1-7 90分 オスカル(ブラジル)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る