2014.06.25

試合中に噛みつかれた伊代表DFキエッリーニ「スアレスは卑怯者」

キエッリーニ
噛まれた歯型を主審に向かってアピールするキエッリーニ [写真]=Getty Images

 ブラジル・ワールドカップのグループリーグ第3節が24日に行われ、イタリア代表とウルグアイ代表が対戦し、1-0でウルグアイが勝利。勝ち点を6として、決勝トーナメント進出を決めた。イタリアはウルグアイと勝ち点で並び、得失点差で優位に立っている状況で同試合を迎えたが、逆転を許して2大会連続のグループリーグ敗退となった。

 同試合では、79分にイタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニがウルグアイ代表FWルイス・スアレスに噛みつかれたとして、歯型をアピールして猛抗議するも、ノーファールの判定。その2分後にイタリアはディエゴ・ゴディンの決勝点を許した。キエッリーニが試合後、複数メディアに対して残したコメントを大手メディア『ESPN』が伝えた。

 キエッリーニは試合後、イタリアメディア『Rai』のインタビューに応じ、「スアレスが退場にならなかったことは馬鹿げている。それは明らか、間違いなく明らかだったし、やってはいけないことをやったと、彼もよくわかっていたから、その後倒れたんだ」とコメントし、接触があった後に顔を抑えて倒れたスアレスの行動が何よりの証拠だと強調。

 また、イタリアメディア『スカイ』に対しては、「スアレスは卑怯者だ。FIFAはスター選手をワールドカップでプレーさせようとしている。もし、彼らに勇気があるなら、映像で確認してもらいたいね。審判も歯型を見たけど、何も起きなかった」と語り、憤りを露わにしている。

欧州順位ランキング

レスター
81pt
アーセナル
71pt
トットナム
70pt
欧州順位をもっと見る
Bミュンヘン
88pt
ドルトムント
78pt
レーバークーゼン
60pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
91pt
Rマドリード
90pt
Aマドリード
88pt
欧州順位をもっと見る
ユベントス
91pt
ナポリ
82pt
ローマ
80pt
欧州順位をもっと見る