2014.01.20

本田がリーグ初先発のミラン、バロテッリ決勝弾で新監督の初戦飾る

リーグ戦で初めて先発出場した本田圭佑 [写真]=Getty Images

 セリエA第20節が19日に行われ、日本代表MF本田圭佑の所属するミランとヴェローナが対戦。本田は、リーグ戦で初の先発出場となった。

 クラレンス・セードルフ新監督の初陣となったミランは、トップ下に本田を置く布陣でスタート。ホーム戦に臨むと、序盤から主導権を握って攻め込んだ。8分には、右サイドの本田がクロスを上げると、ゴール前に走り込んだカカがヘディングシュートで合わせたが、枠を外れた。12分には本田が右サイドでのFKを直接狙ったが、枠を捉え切れなかった。

 17分にも、本田が右サイドのクロスに対して、ゴール前に走り込んだ。しかし、トラップが流れてしまったことで、GKにキャッチされてしまった。39分には、カウンターから左サイドでパスを受けたマリオ・バロテッリが、カットインからシュートを放ったが、GKの好守に遭った。直後の41分にも、ゴール正面で得たFKをバロテッリが直接狙ったが、またもGKにはじき出された。

 ミランはスコアレスのまま後半を迎えると、56分にはカウンターから本田がミドルシュートを放ったが、ゴール脇に外れた。徐々にヴェローナに盛り返されると、63分には本田に代えて、ヴァルテル・ビルサを投入した。68分にはロビーニョのミドルシュートが相手選手に当たりコースが変わって、ポストを直撃した。

 互いに得点できずに終盤に突入すると、ミランは78分にアンドレ・ペターニャをピッチに送り出した。すると、81分にカカがペナルティエリア内で倒されてPKを獲得。先制の絶好機で、バロテッリがシュートを沈めて先制に成功した。

 終盤に均衡を破ったミランは、バロテッリの得点で逃げ切り、1-0と完封勝利。セードルフ新監督の初陣を白星で飾った。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
67pt
マンチェスター・C
51pt
レスター
48pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
40pt
バイエルン
36pt
ボルシアMG
35pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
レアル・マドリード
43pt
アトレティコ・マドリード
35pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
51pt
インテル
47pt
ラツィオ
45pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング