2015.01.20

クライフ氏、C・ロナのバロンドール受賞に異論「クロースが獲得すべき」

クリスティアーノ・ロナウド,トニ・クロース
トニ・クロース(左)とC・ロナウド(左から2番目) [写真]=Real Madrid via Getty Images

 元オランダ代表の英雄ヨハン・クライフ氏が、2014年度のFIFAバロンドール(世界年間最優秀選手賞)について、受賞したレアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドではなく、同チームに所属するドイツ代表MFトニ・クロースが受賞すべきだったと話した。19日のオランダ紙『テレグラーフ』などが報じた。

 過去バロンドール(前身の欧州年間最優秀選手賞)を3度受賞した67歳のクライフ氏は、次のように世界頂点に立つべき選手の持論を説いた。

 「世界の頂点に立つ者は、個人の才能と栄冠の組み合わせで決まる。その見方からすると、世界最高の賞が2年連続で、主要大会で光らず、最も多くの栄冠を獲得していない選手に与えられたのは不合理だ」

 「2013年、バイエルンが栄冠を総なめにしたものの、トニ・クロースや他のバイエルンの選手ではなく、クリスティアーノ・ロナウドがバロンドールを獲得した」

 「2014年も、クロースはドイツ代表のワールドカップ優勝に大きく貢献したが、最終候補にも入らなかった。ロナウドはワールドカップで全く活躍しなかった」

 「私はFIFAの賞を真摯に受け入れられない」

 クロースは2013年度、バイエルンでブンデスリーガ、DFBポカール、チャンピオンズリーグを制し、ドイツのプロクラブで史上初の3冠を達成。同年にはUEFAスーパーカップとクラブ・ワールドカップも制した。

 翌年も国内2冠を達成し、CLでは4強止まりとなったものの、ブラジルW杯優勝に貢献し、レアル・マドリード移籍後にはUEFAスーパーカップとクラブW杯を再び制した。ブラジルW杯ではアシスト王に輝き、ファン投票によるドリームイレブン、データによるオールスターイレブンに入ったほか、同年のチャンピオンズリーグでは、ファン投票によるベストイレブン、データによるUEFAベストチーム18選手にも名を連ねていた。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
46pt
レスター
38pt
マンチェスター・C
32pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
31pt
ライプツィヒ
30pt
ドルトムント
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
レアル・マドリード
34pt
セビージャ
31pt
欧州順位をもっと見る
インテル
38pt
ユヴェントス
36pt
ラツィオ
33pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング