FOLLOW US

ヤヌザイのローマ加入が目前に…買取オプション付きのレンタル移籍か

ローマへの移籍が近づくヤヌザイ [写真]=Getty Images

 ローマは、レアル・ソシエダに所属するベルギー代表MFアドナン・ヤヌザイの獲得に関心を示しているようだ。25日、ベルギーメディア『HLN Sport』が報じた。

 現在24歳のヤヌザイは、2017年夏に移籍金850万ユーロ(当時レートで約11億円)でマンチェスター・UからR・ソシエダへと移籍した。移籍初年度は公式戦34試合に出場したが、昨季はひざの負傷に苦しみ公式戦出場は24試合のみに。今季は開幕から3試合連続でスタメン出場を果たしていたが、その後は出場時間が徐々に減少。直近9試合は、4試合・177分の出場に留まっている。

 ローマは今冬の移籍市場でウィンガーの獲得を目指しており、当初はリヴァプールに所属するスイス代表MFジェルダン・シャチリのレンタル移籍に関心を示していた。しかし、リヴァプールは完全移籍以外のオファーを受け付けておらず、3000万ユーロ(約36億円)の移籍金を要求している。そのため、ローマはシャキリの獲得を諦めて、ターゲットをヤヌザイに変更したようだ。

 報道によると、ローマとR・ソシエダの交渉はすでに大詰めを迎えており、今週末に1800万ユーロ(約22億円)の買取オプションが付帯した半年間のレンタル契約で合意する模様。なお、完全移籍が成立した場合、R・ソシエダとマンチェスター・Uが結んだ契約により、移籍金の30%はマンチェスター・Uに支払われることになるという。

セリエA観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA