2016.08.01

インテルに新司令塔加入へ、オスカル獲得に動く…チェルシーは放出容認か

オスカル
インテル移籍の可能性を報じられたオスカル [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 日本代表DF長友佑都のインテルが、チェルシーに所属するブラジル代表MFオスカルの獲得に動いているようだ。イタリアメディア『Sky』の報道を引用し、イギリスメディア『スカイスポーツ』が7月31日に報じている。

 報道によると、インテルがオスカル獲得を目指し、移籍実現の可能性について問い合わせを行った模様。チェルシー側は同選手について、完全移籍とレンタル移籍、どちらの形態で放出するかを考慮しているという。インテルへの移籍自体は容認していると見られることから、条件面さえ整えば取引成立の可能性が高そうだ。

 オスカルは1991年生まれの24歳。サンパウロとインテルナシオナウを経て、2012年夏にチェルシーへ移籍した。2014-15シーズンからは元イングランド代表MFフランク・ランパード(現ニューヨーク・シティ)の背番号「8」を受け継いでいる。昨シーズンはプレミアリーグで27試合出場3ゴールを記録した。同選手はブラジル代表としても2011年から活躍。ただ、6月に行われたコパ・アメリカ センテナリオ USA 2016のメンバーからは外れている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
マンチェスター・U
53pt
チェルシー
50pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
47pt
レヴァークーゼン
31pt
シャルケ
31pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
43pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
54pt
ユヴェントス
53pt
ラツィオ
43pt
欧州順位をもっと見る