EURO2016特集|UEFA欧州選手権
2016.02.23

伊紙、同点弾演出の本田に及第点「一兵卒の役割。脅威の一撃も」

本田圭佑
ナポリ戦にフル出場した本田圭佑 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 セリエA第26節が22日に行われ、日本代表FW本田圭佑のミランはアウェーでナポリと対戦。ミランは先制を許したが、44分に本田のクロスからイタリア代表MFジャコモ・ボナヴェントゥーラが同点ゴールを決め、1-1の引き分けで終えた。

 イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、同試合の採点を発表。フル出場を果たし、同点ゴールを演出した本田には及第点の「6」をつけた。(最低1点、最高10点)

 寸評では、「ナポリのゴールに結び付いたボールロスは不注意で不運だった。しかし、サイドで一兵卒の役割をこなし、必要なところに水を供給。ボールとチームメイトを引き上げ、そして脅威の一撃で(ナポリGKペペ)レイナを慌てさせた」と、記されている。

 なお、ミランの最高点はコロンビア代表DFクリスティアン・サパタの「7」、最低点は同FWカルロス・バッカの「5」だった。

 ミランはセリエA第26節を終えて勝ち点44の6位。ヨーロッパリーグ出場圏内の5位インテルとの勝ち点差は「4」となっている。次節は27日、トリノをホームに迎える。

Pickup

欧州順位ランキング

レスター
81pt
アーセナル
71pt
トットナム
70pt
欧州順位をもっと見る
Bミュンヘン
88pt
ドルトムント
78pt
レーバークーゼン
60pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
91pt
Rマドリード
90pt
Aマドリード
88pt
欧州順位をもっと見る
ユベントス
91pt
ナポリ
82pt
ローマ
80pt
欧州順位をもっと見る