2016.02.10

マンUが昨季のセリエA得点王を狙う…インテルFWイカルディの獲得画策

イカルディ
マンUからの関心が報じられたイカルディ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 マンチェスター・Uが、日本代表DF長友佑都のインテルに所属するアルゼンチン人FWマウロ・イカルディの獲得を画策している。イギリス紙『マンチェスター・イブニング・ニュース』が9日に報じた。

 報道によると、マンチェスター・Uは今夏の移籍市場における補強の最優先課題として、イカルディの獲得を挙げている模様だ。ロベルト・マンチーニ監督との確執が噂されているイカルディは、同監督が来シーズンもインテルに残留した場合には退団が確実となると報じられている。

 イカルディは1993年生まれの22歳。サンプドリアで2012年にセリエAデビューを果たし、翌2013年6月にインテルに移籍した。昨シーズンのセリエAでは22ゴールを挙げ、ヴェローナの元イタリア代表FWルーカ・トーニと並んで得点王のタイトルを獲得。今シーズンは第24節終了時点で21試合に出場し、10得点を挙げている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ドルトムント
10pt
アウクスブルク
10pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
10pt
バレンシア
9pt
欧州順位をもっと見る
インテル
13pt
ナポリ
12pt
ユヴェントス
12pt
欧州順位をもっと見る