2016.01.27

本田、フル出場も好機決め切れず…ミランはバロテッリ復帰弾で伊杯先勝

本田圭佑
アレッサンドリア戦で先発出場したミランFW本田圭佑(右)[写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 コッパ・イタリア準決勝ファーストレグが26日に行われ、レーガ・プロ(3部)のアレッサンドリアと日本代表FW本田圭佑の所属するミランが対戦した。

 ミランは3回戦から登場し、セリエBのペルージャとクロトーネ、セリエAのサンプドリアとカルピを撃破して準決勝に進出。2002-03シーズン以来となる13年ぶり6度目の制覇を狙う。同大会の全4試合に出場して1ゴール3アシストを記録している本田は、右サイドで先発出場。23日のセリエA第21節エンポリ戦で頭部を負傷した影響から、ヘアバンドを巻いての出場となった。また、負傷離脱していたFWマリオ・バロテッリが復帰後初のスタメン入り。中国スーパーリーグ(1部)・江蘇蘇寧への移籍が土壇場で破談となったFWルイス・アドリアーノと2トップを組む。

 一方、1回戦から地道に勝ち上がってきたアレッサンドリアは、パレルモやジェノアのセリエA勢を倒し、1984年のバーリ以来32年ぶりとなる3部クラブの準決勝進出を達成。クラブとしては、準優勝した1936年以来80年ぶりのベスト4入りを果たした。ジャイアントキリングを起こしてきた勢いに乗り、ホーム&アウェーの2試合でミランから金星を目指す。

 試合は立ち上がりからミランが攻勢に出るが、バロテッリにミスが目立ち、チャンスを決め切れない。膠着状態が続き、試合が動いたのは前半終盤だった。40分、本田が決定機を演出する。ペナルティエリア前中央から左足で浮き球のスルーパス。反応したバロテッリが抜け出し、左足でループシュートを放つが、わずかに枠の右に外れた。するとその直後、ミランはエリア内左に侵入したルカ・アントネッリが倒されてPKを獲得。43分、キッカーを務めたバロテッリが豪快にゴール左隅に蹴り込み、先制点を奪った。前半はミランの1点リードで折り返す。

後半に入って50分、ミランはバロテッリが左サイドを突破。エリア内左から中央にマイナスの折り返しを送ると、フリーの本田がダイレクトで左足を振り抜くが、シュートは相手DFのブロックに阻まれた。73分には、アンドレア・ポーリのミドルシュートが、選手に当たりゴール左隅に吸い込まれる。追加点と思われたが、オフサイドポジションのエムバイェ・ニアンに当たりコースが変わったとの判定でノーゴールとなった。

 さらにミランは84分、味方のスルーパスでエリア内左に抜け出したニアンがフリーで右足を振り抜くが、シュートは右ポストに直撃。90分にもリッカルド・モントリーヴォがエリア手前右で左足シュートを放つが、相手GKにキャッチされた。追加点を奪えなかったミランだが、そのままタイムアップを迎え、1-0で勝利。決勝進出に向けてまず先勝を収めた。

 セカンドレグは3月1日にミランの本拠地であるジュゼッペ・メアッツァで行われる。

【スコア】
アレッサンドリア 0-1 ミラン

【得点者】
0-1 43分 マリオ・バロテッリ(PK)(ミラン)

欧州順位ランキング

チェルシー
9pt
エバートン
7pt
マンチェスターC
6pt
欧州順位をもっと見る
Bミュンヘン
3pt
ウォルフスブルク
3pt
ケルン
3pt
欧州順位をもっと見る
デポルティボ
4pt
バルセロナ
3pt
Rマドリード
3pt
欧州順位をもっと見る
ローマ
3pt
ジェノア
3pt
キエボ
3pt
欧州順位をもっと見る