2015.04.30

現地記者、本田に移籍の勧めか…「プレミアなどの方が向いている」

本田圭佑
ジェノア戦に先発出場した本田圭佑 [写真]=Getty Images

 日本代表FW本田圭佑が所属するミランは29日、セリエA第33節でジェノアと対戦し、1-3で敗れた。

 本田は5試合ぶりの先発復帰を果たすも、目立った活躍はなく、54分にFWジャンパオロ・パッツィーニと交代。ピッチを去る際には、スタンドから容赦ないブーイングが浴びせられた。

 試合後、イタリア紙『コリエレ・デッロ・スポルト』でミランの番記者務めて28年になるフリオ・フェデーレ氏が、今シーズンの本田について言及した。

「序盤はとてもよかった」と、開幕から7試合で6得点を挙げ、一時はセリエA得点ランキングのトップに並んだ同選手を称賛しながらも、「ユニフォームにふさわしいプレーでシーズンの主役になれるはずだった。だが、そうはうまくいかなかった。残念だ」と続けた。

 本田は昨年10月19日に行われた第7節のヴェローナ戦を最後にゴールが生まれていない。それに同調するかのように、チームの成績も低迷。第33節を終えて、10勝13分け10敗の勝ち点43で10位に沈んでいる。

 フェデーレ氏は、「おそらくチーム、環境を変えた方が本人にとってよいのではないか、と私は考え始めている」と、本田の将来に関して移籍を勧めている。「可能性があるのなら、の話だが」と前置きした上で、「例えば戦術的によりシンプルな方法を用いているリーグ…プレミアリーグなどの方が本田には向いており、彼らしさを出せて、彼のレベルにふさわしいのではないか」との見解を示した。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
マンチェスター・U
53pt
チェルシー
50pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
47pt
レヴァークーゼン
31pt
シャルケ
31pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
アトレティコ・マドリード
43pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
54pt
ユヴェントス
50pt
ラツィオ
43pt
欧州順位をもっと見る