2014.03.08

トーレス獲得にインテルが34億円準備か…チェルシーは今夏FW補強画策

トーレス
チェルシーでプレーするトーレス [写真]=Getty Images

 日本代表DF長友佑都の所属するインテルが、今夏にチェルシーに所属するスペイン代表FWフェルナンド・トーレスを獲得する可能性が浮上したと、イギリス紙『デイリーメール』が伝えた。

 同紙は、チェルシーが今夏にアトレティコ・マドリード所属のスペイン代表FWジエゴ・コスタ、モナコ所属のコロンビア代表FWラダメル・ファルカオ、ミラン所属のイタリア代表FWマリオ・バロテッリらの獲得を画策している一方、ファイナンシャル・フェアプレーを守るため、放出の必要があると主張。

 週給15万ポンド(約2600万円)を受け取っているトーレスを放出してバランスを取ろうとしていると見られ、インテルが移籍金2000万ポンド(約34億5000万円)を準備していると報じた。

 インテルはマンチェスター・Uの退団を明言した元セルビア代表DFネマニャ・ヴィディッチが来シーズンからチームに加わることが決まっている。

欧州順位ランキング

チェルシー
34pt
アーセナル
31pt
リヴァプール
30pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
33pt
バイエルン
30pt
ヘルタ・ベルリン
27pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
34pt
バルセロナ
28pt
セビージャ
27pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
36pt
ローマ
32pt
ミラン
32pt
欧州順位をもっと見る