FOLLOW US

バイエルンのルンメニゲCEOがクロップに言及「彼はいつも契約中だった」

ユルゲン・クロップ監督が欲しかったバイエルンのカール・ハインツ・ルンメニゲCEO [写真]=Getty images

 バイエルンのカール・ハインツ・ルンメニゲCEOがリヴァプールのユルゲン・クロップ監督について言及している。ドイツ紙『ビルト』が報じた。

 ルンメニゲ氏は以前からクロップ監督をバイエルンに迎え入れたかったようだ。

「ここ数年はユップ・ハインケス、ジョゼップ・グアルディオラ、ハンジ・フリックなど多くの素晴らしい監督たちに恵まれたが、監督を探しているとき、ユルゲン・クロップはいつも他のクラブと契約中だった。クロップがヨーロッパでベスト3か4に入る監督であることもずっと前から知っていたから残念だよ」

「ユルゲン・クロップは偉大な監督であり、非常に尊敬に値する人です。でも彼はそれを強調しない。敬意をこめてリヴァプールにおめでとうと言いたい」

プレミアリーグ観るならDAZN!
1カ月無料キャンペーンはこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA