FOLLOW US

ドルトムント、主将ロイスが年内最終戦を欠場…サンチョも出場回避か

ドルトムントに所属するマルコ・ロイス [写真]=Bongarts/Getty Images

 ドルトムントのドイツ代表MFマルコ・ロイスが、20日に行われるブンデスリーガ第17節のホッフェンハイム戦を負傷欠場するようだ。クラブ公式サイトが19日に伝えた。

 5試合無敗で4位につけるドルトムントは、9位ホッフェンハイムの本拠地に乗り込むが、年内ラストマッチは主将不在で臨むことが決まった。

 ロイスは17日に行われたリーグ第16節のライプツィヒ戦で筋肉を損傷した模様。ルシアン・ファブレ監督は19日の前日会見で「マルコは間違いなく欠場する」と断言した。

 さらにイングランド代表MFジェイドン・サンチョも欠場する可能性があるという。サンチョはライプツィヒ戦に先発出場したが、71分に負傷交代を余儀なくされていた。ファブレ監督は「まだ何も伝えられることはない。(判断には)早すぎる」と出場が微妙な状況を明かした。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA