2017.04.28

CLと独杯逃したラーム、引退の意思変わらず「よく考えて決めたこと」

ラーム
今季限りで引退のラーム、残り試合はブンデスの4戦のみ [写真]=Bongarts/Getty Images
「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

 26日に行われたDFBポカール準決勝で、日本代表MF香川真司所属のドルトムントに2-3で敗れたバイエルン。準々決勝敗退となったチャンピオンズリーグ(CL)に続いて、また一つタイトルを逃すことになった。しかし、今シーズン限りでの現役引退を表明している元ドイツ代表DFフィリップ・ラームに心境の変化は起きていないようだ。ドイツメディア『スポーツビルト』が伝えている。

 ドルトムント戦は、左足骨折による長期離脱が発表されたドイツ代表GKマヌエル・ノイアーを除けば、ほぼベストメンバーで臨んだバイエルン。前半を2-1とリードして終え、後半の立ち上がりにも決定的なチャンスを何度も作り出す。しかし追加点を奪えずにいると、69分からの5分間でドルトムントに2ゴールを許し、ホームで屈辱の逆転負けを喫した。

 以上の結果、ラームの雄姿を見られるのはブンデスリーガの残り4試合となった。心残りがあるのではないかと見る向きもあるが、同選手は「引退についてはよく考えて決めたことなんだ。だから、他の考えは自分の中にはない」と、引退の意思が変わっていないことを強調した。

 現役生活は残りわずかとなったが、「今日の結果を受け入れるのはとても難しい。でも、最後の数週間をサッカー選手として楽しめるように努力するよ」と話したラーム。納得いく形でキャリアを終えるためにも、残された最後のタイトルとなったブンデスリーガ制覇に全力を注ぐ考えを示している。

(記事/Footmedia)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る