2016.11.18

酒井高徳がハンブルガーSVの新主将に就任「信頼に全力で応えたい」

酒井高徳
ハンブルガーSVの新キャプテンに就任したDF酒井高徳 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ハンブルガーSVは17日、日本代表DF酒井高徳がマルクス・ギズドル監督からキャプテンに任命されたことをクラブ公式サイトで発表した。

 ブンデスリーガ第10節を終え、2分け8敗の未勝利で最下位に沈むハンブルガーSV。9月からチームの指揮を執っているギズドル監督は、復調に向けてチームに新たな風を吹き込むため、シーズン途中でのキャプテン交代を決断したという。

「チームに新たなカルチャーを入れなければならなかった。より強固なチームワークが必要だったからね。今シーズンは、シンプルにプロセスや仕組みを変える必要がある。その影響が続くようなきっかけとなればいい。そういった点から、ゴートクにキャプテンを任せる決断を下した」

 さらに同監督は、新キャプテンの酒井について、「現状に必要な全てのものを兼ね備えている。彼はチームのために、倒れるまで走り続けるようなハードワークができる。ゴートクはオープンで正直であり、積極的にコミュニケーションもとる。さらに100パーセントのプロ意識ももっている。彼はどの選手にとってもお手本となる選手で、キャプテンに相応しい人材だ」と称えつつ、キャプテン指名の理由を説明した。

 2015年夏にハンブルガーSVに加入した25歳の酒井は、今シーズンここまで公式戦12試合に出場。フィールド選手としては唯一、開幕から全試合に出場しており、本職のサイドバックだけではなく、ボランチもこなすなど奮闘している。

 シーズン途中で就任が決まった酒井は、「キャプテンとしてHSVをけん引できるのはとても名誉なことです。この信頼に全力で応えたいと思います。今、最も重要なことは、僕たちが次の試合でチーム一丸となって勝ち点を獲得していくことです」と意気込んだ。

 また、これまで主将を務めていた29歳のスイス代表DFヨハン・ジュルーは、「ゴートクにキャプテンを譲るのは何も問題ないよ。新しい力が変化をもたらすこともある。今はそれを利用しないとね。彼はうまくやるだろう。今はチームとして全力で状況を打開していくことが最も重要だ」と期待。

 さらにギズドル監督は、「この決断はヨハンに対する批判ではなく、ゴートクを評価してのものだ。ヨハンはしっかりと役割をこなし、チーム内でも受け入れられていた。彼は今回の決断を理解してくれており、今後もチームに多大な貢献をしてくれる。我々は彼の強さや能力が必要なんだ」とキャプテン交代を説明した。

 ハンブルガーSVは3日後の20日に行われるブンデスリーガ第11節で、ホッフェンハイムとのアウェーゲームに臨む。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
46pt
レスター
38pt
マンチェスター・C
32pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
31pt
ライプツィヒ
30pt
ドルトムント
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
レアル・マドリード
34pt
セビージャ
31pt
欧州順位をもっと見る
インテル
38pt
ユヴェントス
36pt
ラツィオ
33pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング