2016.04.04

降格危機ハノーファーが今季2度目の指揮官交代…シャーフ監督を解任

シャーフ
2015年12月からチームを指揮していたシャーフ監督(左)[写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 日本代表MF清武弘嗣、同MF山口蛍、同DF酒井宏樹が所属するハノーファーは3日、トーマス・シャーフ監督の解任をクラブ公式サイトで発表した。

 ハノーファーは昨年12月、ミヒャエル・フロンツェック監督が辞任したため、同28日付でシャーフ監督と契約を結び、残留に向けて動き出した。しかし同監督就任後の今シーズン後半戦は、ここまで11試合で1勝10敗。2日に行われたブンデスリーガ第28節では、日本代表DF酒井高徳が所属するハンブルガーSVにホームで0-3の完敗を喫していた。

 今回の更迭劇についてハノーファーのマーティン・バーダーCEO(最高経営責任者)は「この決断は我々にとって決して簡単なものではなかった。トーマス(シャーフ)の仕事はいつも綿密かつひたむきで、良い結果をチームにもたらそうと他のスタッフと一緒にあらゆる手段を尽くしていたからだ。ただ、残念ながらそれはうまくいかなかった」とコメントしている。

 なお、シャーフ監督の後任には、U-19ハノーファーで指揮を執る41歳のダニエル・シュテンデル氏が内部昇格し、今シーズン終了までトップチームの監督を務めるという。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
46pt
レスター
38pt
マンチェスター・C
32pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
31pt
ライプツィヒ
30pt
ドルトムント
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
レアル・マドリード
34pt
セビージャ
31pt
欧州順位をもっと見る
インテル
38pt
ユヴェントス
36pt
ラツィオ
33pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング