2016.03.21

バイエルンDFボアテングが4月中旬に復帰へ「我慢を強いられた」

ジェローム・ボアテング
CLユヴェントス戦をスタンドで観戦したジェローム・ボアテング [写真]=Bongarts/Getty Images
ドイツ最大のサッカー専門誌『kicker』日本語版

 現在、負傷離脱を強いられているバイエルンのドイツ代表DFジェローム・ボアテングが、4月中旬頃に復帰する見通しが立ったことが判明した。ドイツ誌『キッカー』日本語版が伝えた。

 内転筋の筋束の断裂から復帰を目指しているボアテング。すでに軽めのランニングメニューをこなしており、復帰時期としては4月中旬を見据えているところだ。

「4月の真ん中にまたプレーできるよう願っているよ」と、27歳のドイツ代表DFは語った。もしもこれが実現するならば、ブンデスリーガ史上初のリーグ戦4連覇に向け、バイエルンはラストスパートで守備の要が復帰を果たすことになる。

 さらに今夏にユーロ2016を控えるドイツ代表にとっても朗報だ。

 今年1月に行われたハンブルガーSV戦で負傷したボアテングは、現在は軽めのランニングメニューをこなしている段階であり、21日には検査を受けて今後の負担のかけ方についてチェックする。

 先日、ボアテングは「我慢を強いられたよ、特に最初の4週間は本当に辛かった」と『キッカー』に対して語っていた。リスクはおかさない考えも強調しているが、早ければ4月13日に行われるベンフィカとのチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝セカンドレグ、もしくは勝ち進んだ場合に4月下旬のCL準決勝にもピッチに立っている可能性はあるだろう。

欧州順位ランキング

チェルシー
34pt
アーセナル
31pt
リヴァプール
30pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
33pt
バイエルン
30pt
ヘルタ・ベルリン
27pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
34pt
バルセロナ
28pt
セビージャ
27pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
36pt
ローマ
32pt
ミラン
32pt
欧州順位をもっと見る