2015.12.10

マテウス氏がバイエルンDFベナティアを批判「移籍金が高すぎた」

ベナティア
ボルシアMG戦に出場したベナティア [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 バイエルンに所属するモロッコ代表DFメディ・ベナティアを元ドイツ代表ローター・マテウス氏が痛烈に非難している。

 過去バイエルンなどでプレーした経験を持つマテウス氏は現在、ドイツ誌『スポーツビルト』のコラムニストを務めており、そこでベナティアに対する自身の評価を明かした。

 同氏は「2800万ユーロ(約37億円)という移籍金は高すぎた。彼はヘディングも強く、対人戦にも負けない良いストッパーではあるが、試合では(ジョゼップ・)グアルディオラが求めるテクニックもなければスピードもないよ。彼はバイエルンでプレーする資格がない」と高額な移籍金に見合ったプレーを見せていないと話し、指揮官の要求にも応えられていないとの見解を示した。

 続けて、「バイエルンは何年も次なる(ジェローム・)ボアテングを探している。ホルガー・バトシュトゥバーはここ数年であまりにケガが多すぎるし、ハビ・マルティネスも長期間の離脱を強いられていた。そのためローマからベナティアを獲得したが、あまり良い解決策にはならなかったね」と話した。

欧州順位ランキング

チェルシー
34pt
アーセナル
31pt
リヴァプール
30pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
33pt
バイエルン
30pt
ヘルタ・ベルリン
27pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
34pt
バルセロナ
28pt
セビージャ
27pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
36pt
ローマ
32pt
ミラン
32pt
欧州順位をもっと見る