2015.11.04

マガト氏、バイエルンやバルサなどリッチクラブのみの新リーグを提案

バイエルン
ブンデス史上初の開幕10連勝を達成したバイエルン [写真]=Bongarts/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 バイエルンやヴォルフスブルクの指揮官としてブンデスリーガ優勝を勝ち取った経験のあるフェリックス・マガト氏は、同リーグにおいてバイエルンが圧倒的強さを誇っている現状を危惧している。3日、ドイツ誌『スポーツビルト』が報じた。

 今シーズン、バイエルンは第10節まで毎試合勝ち点3を積み重ね、ブンデスリーガにおける開幕連勝記録を更新。10月30日に日本代表MF長谷部誠が所属するフランクフルトに引き分けたものの、首位の座を明け渡す気配はまったくない。

 そのためマガト氏は同誌とのインタビューで、「バイエルンをブンデスリーガから外すのはどうだろうか」と、自論を展開したという。

「ドイツでは何年にもわたってバイエルンがタイトル争いを独占している。だからヨーロッパの資金力に優れたビッグクラブたちだけの、新たな“ヨーロッパリーグ”を作ったほうがいい。唯一のフェアな解決策はそれしかないのだ」

 マガト氏によれば、その新ヨーロッパリーグには「バルセロナ、レアル・マドリード、マンチェスター・C、パリ・サンジェルマンなどのクラブ」の参戦が望ましいとのことで、「もしみんなが望むのであれば、それは実現可能だ。もう1度言おう。バイエルンのような財政規模のクラブは、(ブンデスリーガ2部から昇格した)ダルムシュタットのようなクラブがいるリーグでは戦えない」とコメントしている。

欧州順位ランキング

マンチェスターC
9pt
チェルシー
9pt
マンチェスターU
9pt
欧州順位をもっと見る
Bミュンヘン
3pt
ウォルフスブルク
3pt
ケルン
3pt
欧州順位をもっと見る
ラスパルマス
6pt
バルセロナ
6pt
Rマドリード
6pt
欧州順位をもっと見る
ジェノア
6pt
ユベントス
6pt
サンプドリア
6pt
欧州順位をもっと見る