2015.09.23

レヴァンドフスキが9分間で5発のゴールショー…バイエルン逆転勝利

レヴァンドフスキ
得点を喜ぶレヴァンドフスキ [写真]=Bongarts/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ブンデスリーガ第6節が22日に行われ、バイエルンとヴォルフスブルクが対戦した。

 ここまで5戦全勝と勢いにのるバイエルン。しかし、試合を先に動かしたのはヴォルフスブルクだった。26分、ユリアン・ドラクスラーの浮き球パスにエリア内右で反応したダニエル・カリジューリがワントラップしてから右足を振りぬくと、ボールは豪快にネットを揺らした。

 38分、バイエルンがあわや失点というシーンを迎える。守護神マヌエル・ノイアーがセンターサークル付近まで飛び出してプレーすると、ヴォルフスブルクがボールを奪いハーフライン上からジョシュア・ギラヴォギが無人のゴールへロングシュート。しかし、これは僅かに右へ逸れた。

 1点を追いかけるバイエルンは、ハビ・マルティネスとロベルト・レヴァンドフスキを投入して後半に臨んだ。

 すると後半はレヴァンドフスキが圧巻のゴールショーを披露する。まずは51分、細かいパスワークからのこぼれ球を押し込んで同点とすると、1分後にはエリア手前から右足ミドルでチームに逆転ゴールをもたらした。

 逆転に成功しても同選手の勢いは止まらない。55分、自身の放ったシュートがポストに直撃するもこぼれ球に素早く反応すると、2度目のシュートもGKにブロックされたもののもう1度押し込み、1点目から僅か4分間でのハットトリックを達成。

 さらに2分後にはゴール前でクロスボールに合わせて4点目を挙げ、60分には右からのクロスが入るとジャンピングボレーでゴールへ突き刺し、スコアを5-1とした。

 このまま試合は終了。レヴァンドフスキが出場から15分間で5得点の離れ業を披露し、バイエルンが逆転勝利を収めている。

 なおブンデスリーガ公式ツイッターによると、レヴァンドフスキは同リーグ史上最速ハットトリック記録を更新した模様。途中出場で5得点を記録したことも、史上初の偉業だという。

 次節、バイエルンは日本代表FW武藤嘉紀の所属するマインツと、ヴォルフスブルクは同DF酒井宏樹とMF清武弘嗣の所属するハノーファーと対戦する。

【スコア】
バイエルン 5-1 ヴォルフスブルク

【得点者】
0-1 26分 ダニエル・カリジューリ(ヴォルフスブルク)
1-1 51分 ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン)
2-1 52分 ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン)
3-1 55分 ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン)
4-1 57分 ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン)
5-1 60分 ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン)

欧州順位ランキング

チェルシー
34pt
アーセナル
31pt
リヴァプール
30pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
33pt
バイエルン
30pt
ヘルタ・ベルリン
27pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
34pt
バルセロナ
28pt
セビージャ
27pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
36pt
ローマ
32pt
ミラン
32pt
欧州順位をもっと見る