2014.11.07

岡崎を称賛するマインツのヒュルマンド監督「シンジは私のサムライ」

岡崎慎司
得点ランクトップタイのFW岡崎慎司[写真]=Bongarts/Getty Images

 マインツを率いるカスパー・ヒュルマンド監督が、同クラブに所属する日本代表FW岡崎慎司について語った。ドイツ紙『ビルト』が7日に伝えている。

 岡崎は、今シーズンのブンデスリーガ第10節まで終了している時点で9試合にフル出場し6ゴールを奪っており、リーグ戦の得点ランキングトップタイに位置している。

 昨シーズンは15得点で7位タイだった岡崎だが、今シーズンはここまで試合平均が0.6ゴール。ドルトムントに所属していたポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキ(現バイエルン所属)が20得点で昨シーズンの得点王に輝いているため、岡崎は今のペースでいくと22得点を決めれる計算で、得点王争いに加われる可能性もある。

 良いペースでゴールを決めている岡崎について、ヒュルマンド監督は「シンジは私のサムライだ。彼はとても感覚が鋭い選手だよ。彼はチャンスがあるところ、ボールを受けられるところ、ゴール前の危険なところ、至るところにいるんだ!」と称賛。また、オフサイドが多いことについては「彼がとても良く走るから、(パスが)たまに遅いだけだよ」とコメントしている。

 マインツは、8日にブンデスリーガ第11節でレヴァークーゼンと対戦する。

欧州順位ランキング

チェルシー
63pt
トッテナム
53pt
マンチェスター・C
52pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
53pt
ライプツィヒ
48pt
ドルトムント
40pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
55pt
バルセロナ
54pt
セビージャ
52pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ローマ
59pt
ナポリ
54pt
欧州順位をもっと見る