2014.09.08

元独得点王アイウトンが引退…ファンに「君たちは本当に最高だ!」

アイウトン
大観衆のなか、感動の引退試合に出場したアイウトン(中央) [写真]=Getty Images Europe

 ブレーメンは7日、1998年から2004年までブレーメンでプレーしたブラジル人FWアイウトンの引退試合を行った。試合はブンデスリーガ選抜が8-4でアイウトン・オールスターズを下している。両チームでプレーしたアイウトンは3得点でハットトリックを達成し、有終の美を飾った。クラブ公式ページが引退試合の模様を伝えている。

 この引退試合のチケットは完売し、スタジアムにはアイウトンの雄姿を目に焼き付けようと4万2000人のサポーターが詰めかけた。サポーターとの感動の再会にアイウトンは「サッカーにおいて、人々は(過去の選手を)忘れていく。でもここブレーメンでは違う。信じられないよ。僕がこのチームを離れてから10年もの歳月が流れたのに、このスタジアムはアイウトンとチームのために満員になっている。このクラブとあの時間は永遠に僕の心に残り続けるよ」と大粒の涙を流しながら語った。

 この試合には2004年のブンデスリーガ優勝をともに成し遂げたトーマス・シャーフ前監督や、2012年まで所属したGKティム・ヴィーゼ、元ドイツ代表MFマリオ・バスラ―氏らが参加し、拍手喝采に包まれた。シャーフ氏は「今日は素晴らしい午後になったね。ブレーメンというクラブを形成してきた数多くの選手たちと再会できて嬉しいよ。アイウトンにとっては本当に感動的なものとなったね。アイウトンがこのクラブで多くを成し遂げ、ファンはそれを経験させてもらった。だからこんなにも多くの人々が訪れたんだ」と旧友との再会を喜びつつ、アイウトンの偉大なる功績を称えた。

 最後にアイウトンは「今日ここにいるすべての人々に感謝するよ。でも特に2人感謝したい人がいる。1人目は(ブレーメンに所属したDF)ジュリオ・セーザルだ。彼は2人目のお父さんみたいだった。そしてもう1人はトーマス・シャーフだ。素晴らしい日々をともにした。このスタジアムに来るだけで最高の気分を味わえた。いったいどれくらいの人々が一つになって応援してくれたのだろう。もう泣きそうだから、先に言うよ。ファンのみんな、君たちは本当に最高だ!」とやまないブレーメンサポーターの歓声の中話した。

 現在41歳のアイウトンは、ブラジルとメキシコの数クラブに所属し、1998年にブレーメンに加入。自慢の左足で得点を量産し、2004年に得点王となり、クラブに11年ぶりのリーグ優勝をもたらすと、外国人として初の年間最優秀選手に選ばれた。その後クラブを退団したアイウトンは数多くのクラブを渡り歩き、生涯で9カ国21クラブでプレーした。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
24pt
マンチェスター・C
16pt
アーセナル
15pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
16pt
ヴォルフスブルク
15pt
バイエルン
14pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
18pt
バルセロナ
16pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
19pt
インテル
18pt
アタランタ
16pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング