2014.03.31

ドイツで思わぬアクシデント…試合中に主審がアキレス腱断裂

負傷交代するヴァイナー氏(右から3番目) [写真]=Bongarts/Getty Images

 29日に行なわれたブンデスリーガ第28節で、主審がアキレス腱を断裂するアクシデントが発生した。ドイツ誌『キッカー』が伝えている。

 重傷を負ったのは、シュトゥットガルトとドルトムントの一戦を裁いていたミハエル・ヴァイナー氏。75分に負傷したヴァイナー氏は、そのまま交代を余儀なくされ、シュトゥットガルト内で手術を受けると伝えられた。

 3-2で逆転勝利を挙げたドルトムントのユルゲン・クロップ監督も試合後、「主審の交代は経験したことはあるが、アキレス腱断裂とは厳しいね」とコメント。ヴァイナー氏の状態を気にかけた。

 なお、ヴァイナー氏にとって、今節は今シーズンのブンデスリーガで12試合目の担当試合だった。

欧州リーグ順位表

チェルシー
93pt
トッテナム
86pt
マンチェスター・C
78pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
82pt
ライプツィヒ
67pt
ドルトムント
64pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
93pt
バルセロナ
90pt
アトレティコ・マドリード
78pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
91pt
ローマ
87pt
ナポリ
86pt
欧州順位をもっと見る