2015.11.15

仏代表戦もテロの標的だった…入場時に爆薬見つかりその場で自爆か

Generated by  IJG JPEG Library
テロの標的だったとみられるフランス対ドイツ戦 [写真]=Bongarts/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 13日夜にパリ中心部と郊外で起こった同時多発テロで、フランス代表対ドイツ代表の親善試合も標的にされていた可能性が高いという。ドイツ紙『ビルト』が14日にアメリカ紙『ウォールストリート・ジャーナル』の報道を引用して伝えている。

 これまで約130人が犠牲になっている今回のテロ事件では、同試合が開催されていたスタッド・ド・フランス付近でも数回の爆発があったが、自爆を図った複数犯人のうち少なくとも1人は観戦チケットを持っていた模様。しかしDゲートでの入場チェックの際に係員が、犯人の上着に爆薬が付けられているのを発見し、犯人はその場で犯行におよんだ模様。

 また、使用された爆弾には多数の鉄片が含まれていたため殺傷能力が高く、万が一観客席で爆発していた場合には死者数百人以上の被害が出ていた恐れがあるという。

 なお、犯人は試合開始から15分後にスタジアムへやって来たが、なぜキックオフ前ではなくその時間帯に入場を試みたのかについては、現在のところ分かっていない。

『ウォールストリート・ジャーナル』によれば、最初の爆発から3分後に2回目の爆発がEゲート付近であり、3度目はスタジアムの南250メートルのところにあるマクドナルドの駐車場で起こった。

欧州順位ランキング

チェルシー
31pt
リヴァプール
30pt
マンチェスター・C
30pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
30pt
ライプツィヒ
30pt
ヘルタ・ベルリン
24pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
33pt
バルセロナ
27pt
セビージャ
27pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
33pt
ローマ
29pt
ミラン
29pt
欧州順位をもっと見る