2019.10.10

離脱者続出のドイツ代表…DFヨナタン・ターも風邪でアルゼンチン戦前に離脱

ター
風邪でドイツ代表を離脱したター [写真]=Bongarts/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 DFB(ドイツサッカー協会)は9日、レヴァークーゼンに所属するDFヨナタン・ターが風邪により離脱することを発表した。

 これで今回の離脱者は4人目となった。DFBは4日にドイツ代表メンバー21名を発表。そこからレアル・マドリードのMFトニ・クロース、ケルンのDFヨナス・ヘクター、ボルシアMGのDFマティアス・ギンターがすでに負傷離脱していた。

 その一方で、シャルケのMFスアト・セルダルとフライブルクのDFロビン・コッホが代表初招集を受け、ホッフェンハイムのMFセバスティアン・ルディは約1年ぶりに復帰を果たした。なお、ターの離脱による追加招集は発表されていない。

 ドイツは、9日にホームで行われる国際親善試合でアルゼンチン代表と、13日にアウェイで行われるEURO2020予選でエストニア代表と対戦する。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
24pt
マンチェスター・C
16pt
アーセナル
15pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
16pt
ヴォルフスブルク
15pt
バイエルン
14pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
18pt
バルセロナ
16pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
19pt
インテル
18pt
アタランタ
16pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング