2019.09.08

ギグス監督がベイルを称賛…アゼルバイジャン戦で勝ち越しヘディング弾

決勝点を挙げたベイル [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ウェールズ代表を率いるライアン・ギグス監督が、レアル・マドリードに所属する同国代表FWギャレス・ベイルを称賛している。7日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 6日、ユーロ2020予選グループE第5節が行われ、ホームでウェールズ代表はアゼルバイジャン代表と対戦した。

 試合はウェールズ代表がオウンゴールで先制。その後、後半に1点を返されたものの、ベイルが84分にヘディングでゴールに沈め、決勝点を挙げた。残り少ない時間を逃げ切り2-1でウェールズ代表が勝利を手にした。

 試合後のインタビューに応じたギグス監督は、クラブでも放出の対象と言われながら、開幕から好調を維持しているベイルについて次のようにコメント。決勝点を挙げた同選手を称賛した。

「1点先行しただけで十分ではないとわかっていた。ボールを支配しようとしたが、上手く動かすことができなかったね。このグループは難しく勝ち点3を獲得することは容易ではないから非常に満足しているよ」

「わかっているとは思うが、彼はウェールズ代表に非常に多くの重要なゴールをもたらしてくれた。彼は素晴らしい性格だ。彼が活躍しているのを見ると本当にうれしいよ」

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
24pt
マンチェスター・C
16pt
アーセナル
15pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
16pt
ヴォルフスブルク
15pt
バイエルン
14pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
18pt
グラナダ
17pt
バルセロナ
16pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
19pt
インテル
18pt
アタランタ
16pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング