FOLLOW US

セティエン監督、国王杯で辛くも勝利し持論を展開「プレーの内容も評価されるべき」

バルセロナのセティエン監督 [写真]=Getty Images

 バルセロナのキケ・セティエン監督がコパ・デル・レイ(国王杯)について語った。24日付けでスペイン紙『アス』が報じている。

 22日に行われたコパ・デル・レイのラウンド32でイビサと対戦したバルセロナは、試合終盤までリードを許す苦しい展開を強いられるも、FWアントワーヌ・グリーズマンの2得点で2-1の勝利を収めた。同クラブの指揮官として公式戦2連勝を飾ったセティエン監督は、同試合を振り返り以下のように語っている。

「イビサ戦では大きな恐怖に襲われた。私は嘘をつくつもりはないよ、これは紛れもない事実なんだ。しかし多くの人は、サッカーの結果でしか我々を判断しない。今日において、彼らはプレーの内容をあまり気にしていないように思えるね」

「だから私は、プレーの内容も評価されるべきだと考えている。どのように勝ち、どのように負けたのか。確かに結果を見ることも物事を判断するひとつの方法ではあるが、内容こそ重要なものだと考えているよ」

 またセティエン監督は、25日に行われるリーグ戦の相手、バレンシアについても語っている。

バレンシアは優秀な選手を多く抱える素晴らしいチームだ。きっと彼らは我々に困難を与えるだろう。レベルの高い試合になると思うから、チームとしてしっかり準備して臨みたいね」

ラ・リーガ観るならDAZN!
期間限定2カ月無料キャンペーンはこちら



SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA