FOLLOW US

ヴァランとの接触を認めるも…ラングレ「僕にとってはPKではない」

クラシコでプレーするラングレ(右) [写真]=ムツ カワモリ

 バルセロナに所属するフランス代表DFクレマン・ラングレが、“エル・クラシコ”での一幕について語った。18日付けで、スペイン紙『アス』が報じている。

 18日に行われたリーガ・エスパニョーラ第10節レアル・マドリード戦にフル出場したラングレは、前半に自陣のペナルティエリア内で相手DFラファエル・ヴァランと接触。ノーファウルの判定だったが、試合後レアル・マドリードの選手たちはPKだったと主張している。取材に応じたラングレは、自身の考えを以下のように語った。

「ボールを前に進めたかったが、不運なことに僕はヴァランの足に触れてしまった。DFとして選手を蹴るのは好きじゃないし、ファウルを犯すつもりもない。あれは僕にとってはPKではなかったよ」

「PKと主張する人がいるのは、仕方のないことさ。それが彼らの意見だからね」

「(スコアレスドローという結果について)引き分けに終わり、2ポイントを逃したような気分だ。決定機を作り出すこともできていたから、今は残念な気持ちだよ」

 今回のクラシコを終えて、バルセロナレアル・マドリードは共に勝ち点36で依然として肩を並べている。

ラ・リーガ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA