FOLLOW US

シャビがカタールでの生活を語る…カタルーニャ問題にも言及「もっと民主的に…」

カタールでの生活やカタルーニャ問題について語った、アル・サッドのシャビ監督 [写真]=Getty Images

 アル・サッドを率いるシャビ・エルナンデス監督が、カタールでの生活やカタルーニャの政治問題についてコメントした。11日に、スペイン紙『エル・デスマルケ』が報じている。

 2015年6月にバルセロナからアル・サッドに加入したシャビは、今年5月に現役を引退。そのままアル・サッドにとどまり、現在は監督としてチームを引っ張っている。

 カタールでの生活について、シャビは満足感を示しつつこう語った。

「とても幸せだよ。私の家族も、カタールを住みやすいと感じているようだ。とても快適で、居心地が良いしね。安全な国だということも重要だ。そして、2022年にここカタールでワールドカップが行われることで、全世界の注目が集まっている」

 またシャビは、故郷・カタルーニャが抱える政治問題についても言及した。

「独立運動に参加したカタルーニャの政治家に懲役刑が与えられたのは、恥ずべきことだね。カタールの政治システムは、スペインよりも優れていると思う。もちろん、次の選挙でも投票するよ。自分の将来と、子どもたちの将来のために最善を尽くさなければならない。残念ながら、スペインはここのところ政治がうまくいっていないね。もっと民主的な国になれるはずだよ」

 センシティブな話題であっても、シャビは忌憚なく持論を展開していた。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA