FOLLOW US

レアル前会長、ベイルの退団を予想「彼は期待されたリーダーではない」

去就に注目が集まっているベイル [写真]=Getty Images

 レアル・マドリードの会長を2006年から2009年まで務めていたラモン・カルデロン氏が、ウェールズ代表FWギャレス・ベイルの退団を予想しているようだ。イギリスメディア『スカイスポーツ』が6日に報じている。

 報道によると、カルデロン氏は「クリスティアーノ(ロナウド)が退団した後、ここで人々が期待したようなリーダーではない。それは確かだ」とベイルへの評価を明かし、以下のようにコメントしている。

「彼はコミットメントの不足を見せてしまった。人々は幸せではない。残念だが、私は彼を来シーズンも見ることはないだろう」

 レアル・マドリードは5日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦セカンドレグでアヤックスに1-4と大敗し、敗退が決まった。前人未到の4連覇を目指した戦いが幕を閉じ、コパ・デル・レイ(スペイン国王杯)もすでに敗退。リーガ・エスパニョーラでも首位バルセロナに勝ち点差「12」をつけられ、非常に厳しい状況にある。

 昨夏にC・ロナウドがユヴェントスへ移籍した後、“新エース”として期待を背負ったベイル。しかし、度重なる負傷やブラジル代表FWヴィニシウス・ジュニオールの台頭もあり、絶対的な地位を築くことができずに批判を浴びている。カルデロン氏がコメントした通り、ベイルは今シーズン限りでレアル・マドリードを去ることとなるのだろうか。

ラ・リーガ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA