2016.06.10

清武弘嗣、セビージャ移籍が決定…クラブ間合意と発表、4年契約

清武弘嗣
ハノーファー(左)と日本代表で存在感を示してきた清武弘嗣。初のリーガ挑戦が決まった [写真]=Bongarts/Getty Images、Getty Images
サッカー総合情報サイト

 セビージャは10日、ハノーファーに所属する日本代表MF清武弘嗣の獲得でクラブ間合意に達したと発表した。契約期間は4年と併せて発表されている。なお、ハノーファーは公式HPにて、清武が来週中にメディカルチェックを受けると伝えている。

 移籍金額などの詳細は明かされていないが、10日付のドイツ紙『ビルト』によれば、セビージャは清武の移籍金650万ユーロ(約8億円)を用意した模様。4年という契約期間は同紙の既報どおりだ。10日付の報道では、移籍交渉が大筋合意に達し、正式発表はメディカルチェック完了後になると伝えられていた。

 清武は今シーズン、ブンデスリーガで21試合に出場し、5ゴール7アシストを記録。ハノーファーは2部降格が決まったが、背番号10をつけてチームをけん引した同選手には複数のクラブからの関心が報じられていた。

 セビージャは今シーズンのヨーロッパリーグを制して史上初の3連覇を達成し、来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権を獲得。清武にとっては初めてのチャンピオンズリーグ出場へ近づくこととなる。


欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
13pt
バイエルン
12pt
ホッフェンハイム
11pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
15pt
ユヴェントス
15pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る