2016.03.06

リーガで6度目の1試合4ゴール…C・ロナウドが得点ランクトップに

C・ロナウド
セルタ戦で4ゴールを挙げたC・ロナウド [写真]=Real Madrid via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 レアル・マドリードに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、5日に行われたリーガ・エスパニョーラ第28節セルタ戦で、自身リーガ通算6度目となる1試合4得点を記録した。スペイン紙『マルカ』が伝えている。

 同試合で4ゴールを挙げたC・ロナウドは、今シーズンのリーグ戦得点数を27に伸ばし、25得点を決めているバルセロナ所属のウルグアイ代表FWルイス・スアレスを抜いて、得点ランキング単独トップに躍り出た。さらにセリエAで26ゴールを記録しているナポリ所属のアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインを抜き去り、欧州各国のリーグでシーズン最多得点数を挙げた選手に与えられるヨーロッパ・ゴールデンシューでもトップとなった。

 また、C・ロナウドのリーガ通算得点数は253となった。バルセロナ所属のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシに破られるまでリーガ最多得点記録を保持していた元スペイン代表FWテルモ・サラ氏の251得点の記録を抜いた。なお、現在の同記録はメッシで、304得点を決めている。

 サラ氏は1940年から1955年の15シーズンで、277試合に出場し251得点を積み重ねた。一方のC・ロナウドは7シーズンで、228試合に出場し253得点を達成。リーガ1試合平均1.11得点という驚異の得点率を示している。

欧州順位ランキング

チェルシー
34pt
アーセナル
31pt
リヴァプール
30pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
33pt
バイエルン
30pt
ヘルタ・ベルリン
27pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
34pt
バルセロナ
28pt
セビージャ
27pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
36pt
ローマ
32pt
ミラン
32pt
欧州順位をもっと見る