2016.03.01

パフォーマンスに不満…レアル、今季終了後にハメスかイスコを放出へ

ハメス・ロドリゲス、イスコ
放出候補に挙げられたJ・ロドリゲスとイスコ(左から) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 レアル・マドリードが今シーズン終了後の移籍市場で、コロンビア代表MFハメス・ロドリゲスかスペイン代表MFイスコのいずれかを放出することを検討している。スペイン紙『アス』が1日に報じた。

 同紙によると、ウェールズ代表MFギャレス・ベイルが負傷離脱を強いられる中、レアル・マドリードはJ・ロドリゲスとイスコのパフォーマンスが期待に満たない水準だと考えている。とりわけ、揃って先発出場しながら途中交代となった2月27日のリーガ・エスパニョーラ第26節アトレティコ・マドリード戦の出来が失望をもたらしたようで、今夏の移籍市場でいずれか一方が放出されると報じられた。魅力的なオファーが届いた場合、レアル・マドリードは応じる構えであるようだ。

 報道によると、J・ロドリゲスは負傷欠場の試合が少なくないことや年俸が高額であることも問題視されている模様。またイスコについて同紙は「高いクオリティーを示しているが、レアル・マドリードのようなクラブでは継続性が求められる。イスコはその要素を持っていない」と指摘している。

欧州順位ランキング

チェルシー
34pt
アーセナル
31pt
リヴァプール
30pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
33pt
バイエルン
30pt
ヘルタ・ベルリン
27pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
34pt
バルセロナ
28pt
セビージャ
27pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
36pt
ローマ
32pt
ミラン
32pt
欧州順位をもっと見る