2016.02.23

レアル期待の星、17歳のウーデゴーアがスランプ?…1年以上ゴールなし

プレシーズンマッチにトップチームとして出場したMFウーデゴーア(写真は昨年8月) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 レアル・マドリードに所属するノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴーアが、同クラブで初ゴールを記録して以来、1年以上得点していないことがわかった。22日付のスペイン紙『アス』が伝えている。

 現在17歳のウーデゴーアは、2015年1月にストレームスゴトセトからレアル・マドリードへ移籍。若手期待の星としてトップチームと練習をともにしながら、レアル・マドリード・カスティージャ(Bチーム)の試合に出場していた。さらに同5月23日に行なわれた昨シーズンのリーガ・エスパニョーラ最終節ヘタフェ戦で、16歳157日でのトップチームデビューを飾っている。

 同選手がレアル・マドリードで初めて得点を記録したのは、昨年2月21日に行われたBチームでのバラカルド戦。それ以降Bチームで30試合以上に出場しているが、ゴールから1年以上遠ざかっている。

 同紙によると、現在トップチームを率いるジネディーヌ・ジダン監督の下でプレーしてきたウーデゴーアは、年俸120万ユーロ(約1億5000万円)という給料を妬まれるなど、チームに溶け込むのに苦労。現在はチームメイトとの関係が改善されつつあるが、ドレッシングルームではいまだに1人でいるようだ。

欧州順位ランキング

チェルシー
69pt
トッテナム
59pt
マンチェスター・C
57pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
62pt
ライプツィヒ
49pt
ドルトムント
46pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
65pt
バルセロナ
63pt
セビージャ
57pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
73pt
ローマ
65pt
ナポリ
63pt
欧州順位をもっと見る