2016.02.14

【プレビュー】乾は先発か…エイバル、最下位レバンテを迎え4戦ぶり勝利狙う

乾貴士
前節アトレティコ戦に途中出場した乾貴士。今節は先発の可能性が高い [写真]=ムツ カワモリ
傑出した個のチカラと、最先端の戦術を生み出すリーガ・エスパニョーラ。16-17シーズンも3強を中心に毎節最大5試合を放送!

 14日に行われるリーガ・エスパニョーラ第24節で、MF乾貴士の所属するエイバルとレバンテが対戦する。

 エイバルは前節、アウェーでアトレティコ・マドリードに逆転負け(1-3)し、今シーズンのリーグ戦では初となる3連敗を喫した。それでも通算9勝6分8敗で何とか8位をキープしたチームだが、5位セビージャとは4ポイント差、6位アスレティック・ビルバオおよび7位セルタとは2ポイント差と少しずつ離されて来ており、ヨーロッパリーグ(EL)出場権獲得に向け正念場を迎えている。

 ホームに戻って立て直しを図りたい今節は、前節はローン元のアトレティコ・マドリードとの契約条項により起用できなかったFWボルハ・バストンが復帰する。一方、チームで最も調子の良い1人だったMFケコが故障により欠場となる。とはいえ、レギュラーの座を確実なものとしたい乾にとっては、定位置を争うMFサウール・ベルホンがケコの代役としてポジションを移すため、スタメンの可能性が一気に高まった。左サイドではDFダビド・ジュンカも出場停止となるため、乾にはその代役を務めるDFリージョとのコンビネーションにも注目したい。

 対するレバンテは前節、ホームでバルセロナに完封負け(0-2)を喫し、通算4勝5分14敗となり20位で変わらず。定位置となっている最下位からの脱出をまたしても逃したチームは、前節終了時に17位エスパニョールおよび16位スポルティング・ヒホンと5ポイント差と残留圏内が徐々に遠のいており、そろそろ逆襲体勢に入らないと深刻な状況になりかねない。

 両チームの順位が示す通り、ホームで6勝3分3敗のエイバルがアウェーで1勝2分8敗のレバンテを大きく上回っているこの試合。だが、エイバルはここ3試合で10失点とセットプレーを中心に守備が崩壊しているだけに、前節は貫録負けこそしたもののバルセロナを焦らせたレバンテの攻撃がはまれば、番狂わせの可能性も十分にありそうだ。

欧州順位ランキング

アーセナル
34pt
チェルシー
34pt
リヴァプール
30pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
33pt
ライプツィヒ
33pt
ヘルタ・ベルリン
27pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
34pt
バルセロナ
31pt
セビージャ
27pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
36pt
ローマ
32pt
ミラン
32pt
欧州順位をもっと見る