2016.01.18

レアル、試合開始15分で3得点は60年ぶり…今年初の“BBC”弾で決めた

揃って得点を挙げた“BBC”(左からベンゼマ、ベイル、C・ロナウド) [写真]=Real Madrid via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 17日にリーガ・エスパニョーラ第20節が行われ、レアル・マドリードはホームでスポルティング・ヒホンと対戦し、5-1と快勝。この試合でレアル・マドリードは60年ぶりにある記録を達成していた。17日付のスペイン紙『アス』が伝えている。

 試合は、開始早々からレアル・マドリードが猛攻を仕掛けた。7分にウェールズ代表MFギャレス・ベイル、9分にポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド、12分にフランス代表FWカリム・ベンゼマと、3トップ“BBC”が揃って得点。前半にさらに2点を追加して、2戦連続で5ゴールを奪った。

 60年ぶりに生まれた記録というのは、はじめの3ゴール。試合開始から15分以内に3得点を挙げるのは、クラブ史上では1956年のセルタ戦以来だという。

 また、“BBC”が揃ってゴールをマークしたのは今シーズン3度目で、今年初となった。

欧州順位ランキング

チェルシー
63pt
マンチェスター・C
52pt
トッテナム
50pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
53pt
ライプツィヒ
48pt
ドルトムント
40pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
52pt
セビージャ
52pt
バルセロナ
51pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ローマ
56pt
ナポリ
54pt
欧州順位をもっと見る