2016.01.04

バルサの補強禁止処分が解かれる…A・ビダルとアルダの出場が可能に

次戦から出場が可能になるアルダ(左)とA・ビダル(右) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 バルセロナは補強禁止処分が4日に解かれ、この夏同クラブに加入したスペイン代表DFアレイクス・ビダルとトルコ代表MFアルダ・トゥランのプレーが可能になった。同日、大手メディア『ESPN』などが報じた。

 バルセロナは今夏の補強禁止処分を受けているため、1月まで選手登録ができなかった。そのため6月にセビージャから加入したA・ビダルと、7月にアトレティコ・マドリードから移籍を果たしたアルダはこれまでのリーガ・エスパニョーラやチャンピオンズリーグ、日本で行われたFIFAクラブ・ワールドカップ2015などの試合に出場できなかった。

 しかし4日にその処分が解かれたため、2選手は6日に行われるコパ・デル・レイ5回戦ファーストレグのエスパニョール戦から出場が可能となった。

 バルセロナを率いるルイス・エンリケ監督は「彼らはこのクラブでプレーするのに正しい人格を持っている」と語り、試合出場が叶わない中トレーニングを積んできた姿勢を高く評価した。

 なお、スペイン紙『スポルト』によると、A・ビダルの背番号は「22」、アルダの背番号は「7」にそれぞれ決定したという。

欧州順位ランキング

チェルシー
63pt
トッテナム
53pt
マンチェスター・C
52pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
53pt
ライプツィヒ
48pt
ドルトムント
40pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
55pt
バルセロナ
54pt
セビージャ
52pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ローマ
59pt
ナポリ
54pt
欧州順位をもっと見る