2016.01.03

アトレティコ、暫定ながら19カ月ぶりの首位…一昨年のリーガ制覇以来

レバンテ戦で先制点を挙げたMFトーマス・パルティ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 リーガ・エスパニョーラ第18節が2日に行われ、アトレティコ・マドリードはホームでレバンテと対戦し、1-0で勝利。首位に立っていたバルセロナがエスパニョールと引き分けたため、暫定ながらアトレティコ・マドリードが首位に躍り出た。2日付のスペイン紙『マルカ』が伝えている。

 アトレティコ・マドリードは第18節を終えて、13勝2分け3敗で勝ち点41。消化試合が1つ少ないバルセロナを勝ち点2上回り、首位に立っている。

 アトレティコ・マドリードが前回リーガ・エスパニョーラで首位に立っていたのは、2014年5月17日。2013-14シーズン最終節で2位バルセロナとの直接対決で引き分け、見事にリーガ・エスパニョーラを制した2013-14シーズン以来となる。

 昨シーズンは、優勝したバルセロナが勝ち点94、2位のレアル・マドリードが同90だったのに対し、3位ながらアトレティコ・マドリードは同78と差を付けられた。今シーズンは2016年初戦で幸先良く勝利し、2年ぶりの王者奪還を目指す。

 アトレティコ・マドリードは、6日に行われるラージョ・バジェカーノとのスペイン国王杯4回戦を挟んで、10日のリーガ・エスパニョーラ第19節セルタ戦に敵地で臨む。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
49pt
マンチェスター・U
38pt
チェルシー
35pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
38pt
シャルケ
29pt
ライプツィヒ
28pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る