2015.10.30

バルサMFマスチェラーノが裁判所で2度の脱税認める…3分間で証言

マスチェラーノ
裁判所に出廷したマスチェラーノ(中央)[写真]=Europa Press via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 29日付のスペイン紙『マルカ』は、バルセロナに所属するアルゼンチン代表MFハビエル・マスチェラーノが、法定で脱税を認めたと報じた。

 同紙によると、マスチェラーノはアメリカとポルトガルに設立した企業を利用し自身の肖像権に関わる収入を申告していなかった模様。2011年に約58万7822ユーロ(約7900万円)、2012年に約96万8907ユーロ(約1億3000万円)の合計155万6729ユーロ(約2億1000万円)もの脱税があったという。

 バルセロナ・ガバ裁判所に出廷したマスチェラーノは建物の中に55分間滞在し、証言を3分間で終えたと、同紙は伝えている。なお、同選手は弁護士の助言を受け、すでに20万ユーロ(約2690万円)の追徴課税とともに全額支払いを済ませていた。

 25日に行われたリーガ・エスパニョーラ第9節エイバル戦では、審判に侮辱的発言をしたとして一発退場したマスチェラーノ。2試合の出場停止が確定しており、リーグ戦第12節のレアル・マドリード戦で復帰することとなる。

欧州順位ランキング

チェルシー
75pt
トッテナム
71pt
リヴァプール
66pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ライプツィヒ
62pt
ドルトムント
56pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
75pt
レアル・マドリード
75pt
アトレティコ・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
83pt
ローマ
72pt
ナポリ
71pt
欧州順位をもっと見る