2015.05.13

レアルのクロース、今季パス3000本以上で成功率はなんと92%!

クロース
クロースは今季3000本以上パスを出して成功率は92%を記録 [写真]=Getty Images

 今シーズン、レアル・マドリードへ加入すると瞬く間に中盤に欠かせぬ戦力となったドイツ代表MFトニ・クロース。スポーツデータ供給会社である『Opta』が、クロースについてあるデータを発表した。

■トニ・クロースのパス成績
出場試合:52
1試合の平均パス本数:68
1試合の平均パス成功数:62
1試合の平均パス失敗数:4
パス成功率:92%
アシスト数:13

『Opta』の集計によると、クロースは今シーズン3000本以上のパスを通しているリーガで唯一の選手だという。ただし、リーガに限らず全てのコンペティションの合計数なので、当然試合数が多いビッグクラブが有利にはなる。とはいえ、この数字は並の数字ではないはず。

 具体的には今シーズン、52試合で1試合平均パス数が68本、そのうち、成功は平均62本(単純計算で52×62=3224)。1試合にパスミスは平均4本しかなく、成功率は92パーセント! アシストも13記録しており、まさしく“パスマスター”といえそうだ。

 そんなクロースだが筋肉の問題により、ユヴェントスとの2ndレグへの出場が懸念されたが、無事に招集メンバー入りを果たしている。CL連覇を目指すチームにとって不可欠な存在なだけにクロースのパフォーマンスがレアルの逆転ファイナル進出への大きなカギとなる。

(記事提供:Qoly)

欧州順位ランキング

チェルシー
34pt
アーセナル
31pt
リヴァプール
30pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
33pt
バイエルン
30pt
ヘルタ・ベルリン
27pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
34pt
バルセロナ
28pt
セビージャ
27pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
36pt
ローマ
32pt
ミラン
32pt
欧州順位をもっと見る