2015.04.06

8分間でハット達成し初の1試合5得点…C・ロナがレアルで通算300ゴール

C・ロナウド
グラナダ戦で5ゴールを決めたC・ロナウド [写真]=Anadolu Agency/Getty Images

 レアル・マドリードは、5日に行われたリーガ・エスパニョーラ第29節でグラナダと対戦し9-1で圧勝。同試合で5ゴールを決めたポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、レアル・マドリードで通算300ゴールを達成している。クラブ公式サイトが同日に伝えた。

 C・ロナウドは、今シーズンの2014年内に行われたリーグ戦15試合で25ゴールを挙げて絶好調だったが、今年に入って出場した12試合ではわずか6ゴールのみだった。しかし、レアル・マドリードで公式戦287試合目の出場となったリーガのグラナダ戦では、30分、36分、38分にゴールを決め、わずか8分間でハットトリックを達成。さらに54分と89分にもゴールを奪い、合計5得点をあげる大暴れを見せた。

 スペイン紙『アス』によると、C・ロナウドにとって1試合5ゴールはキャリア初。また、クラブ公式サイトによると、同試合でリーガでの通算得点数を214に伸ばすと、レアル・マドリードで6シーズン目を過ごすC・ロナウドはこれまで、チャンピオンズリーグで60得点、コパ・デル・レイで21得点、スーペルコパで3得点、UEFAスーパーカップで2得点を挙げており、合計で300得点を達成した。

 C・ロナウドはリーガ通算214ゴールで、同リーグ歴代得点数8位に浮上。レアル・マドリードでは、公式戦396試合に出場し308ゴールを記録したアルフレッド・ディ・ステファノ氏に8ゴールと迫り、公式戦714試合で323ゴールを挙げた元スペイン代表FWラウル・ゴンサレスの記録も視野に入ってきた。

 また、今シーズンのリーガ・エスパニョーラ得点王争いでは、バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが現在32ゴールを挙げており、一時はトップの座を譲ったC・ロナウドだが、5ゴール獲得で36得点に伸ばし、再び首位に返り咲いた。

 レアル・マドリードは次節、8日にラージョ・バジェカーノとのアウェーゲームに臨む。 

欧州リーグ順位表

リヴァプール
57pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
42pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
33pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
38pt
セビージャ
33pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
39pt
欧州順位をもっと見る